三叉神経痛とは

三叉神経痛とは顔に痛みのでる病気です。顔の感覚(痛覚、触覚、冷熱感)を脳に伝える神経が三叉神経ですが、この三叉神経に痛みが起こり、顔を痛く感じるのが三叉神経痛です。

三叉神経痛の特徴

三叉神経痛の顔の痛みにはかなり特徴があります。痛みは非常に強いものですが、突発的な痛みです。一瞬の走るような痛みで、数秒のものがほとんどで、ながく続いてもせいぜい数十秒です。5分10分と続くような痛み、じりじりとした痛みなどは三叉神経痛ではないことがほとんどです。三叉神経痛では痛みはいろいろな動作で誘発されます。洗顔、お化粧、ひげそりなどで顔に痛みが走ります。

また、食べたり噛んだりする動作に誘発されることもありますし、つめたい水を飲むと痛みが走ることもあります。痛みで歯磨きができないこともあります。触ると痛みを誘発されるポイントがあり、鼻の横などを触ると、顔面にビッと痛みが走る、という場合は三叉神経痛の可能性が高いです。季節によって痛みが変動するのも特徴です。

三叉神経痛の原因

三叉神経は顔の感覚を支配している神経です。神経は脳幹という脳の中心部の中から始まり神経の線維を出し、脳槽という空間を通りテントと呼ばれる構造の中に入って行きます。そこから3本の大きな枝を出しさらに細かい神経の線維を顔、頭の全体に伸ばし、それぞれを支配している神経です。

多くは血管による神経の圧迫が原因です(約90%)。その神経の始まりの脳幹から出てすぐのところで、血管(動脈や静脈)が三叉神経を強く圧迫して血管が拍動する事により、神経に強い刺激が加わり痛みを引き起こしています。腫瘍(類上皮腫や神経鞘腫、髄膜種など)による圧迫が原因のこともあります(約8%)。稀な原因としては脳動静脈奇形という血管の奇形による三叉神経への影響が原因の事もあります(約0.5%)

三叉神経痛の治療

血管の物理的な圧迫による症状なので、最も効果的な治療は外科的手術による、微小血管神経減圧術Microvascular transposition: MVT (またはMicrovascular decompression: MVD)という方法です。これは顔面痙攣や三叉神経痛と同じ治療法です。手術により神経を圧迫している血管を剥離して神経から剥がし、場所を移動する事により、神経の圧迫を解除して痛みの原因を取るという手術方法です。
手術治療は原因を取り除く根本的な治療になるので、最も効果的な治療になります。

投薬治療としてはカルバマゼピン(商品名テグレトール®)などの抗痙攣薬を用いた痛みを緩和させる治療も可能です。しかし、これは根本的な治療ではない為、痛みを完全にコントロールできない場合や、初め痛みを完全にコントロールできても、後々再発してしまったりする事があります。

手術による治療後

手術による痛みの消失率は 90〜95%。
術直後から痛みが取れることがほとんどです。まれに 1〜2 週間かかることもあります。予定通りであれば入院は術後 1週間で退院できます。