代表的な脊椎脊髄疾患として脊柱管狭窄症、頸椎椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症など挙げられます。
高齢化に伴い腰痛や下肢痛などを患われる患者さんが増えています
これらは日常生活に支障をきたし、行動に制限が生じ健康寿命に弊害を及ぼす場合もあります。
症状がある方は受診することを勧めております。