脳卒中は神経救急疾患として脳梗塞、脳内出血、クモ膜下出血などが挙げられます。
こうした疾患に対し、血管内治療、開頭手術、保存的加療を適切に判断し加療行っていきます。
また、急性期治療とは別に頭蓋内血管狭窄や未破裂脳動脈瘤に対しても適切に対応しており、頭痛がする、
家族に脳卒中患者がいて自分も心配などでもお気軽にご相談下さい

「認知症」「寝たきり」を予防するための脳卒中予防のポイント


※スマートフォンでご覧の際は横向き推奨です。